日系人、この言葉の意味解りますか?

d0282271_16312037.jpg


大きな地理的な距離は、ブラジルと日本を引き離す要素とはならなかった。日本人農民の移住を奨励する

ことで両国政府が20世紀初頭に合意したことにより、両国間の友好関係が始まった。

1908年4月28日、神戸港から出港をして、
1908年6月18日に165世帯の最初の日本人移住者を乗せた汽船「笠戸丸」がブラジルのサントス港に到着した。これが人間的な絆に特徴付けられたユニークな二国間関係の幕開けをしるした。現在ブラジル国内に居住する日系ブラジル人は約150万人を数え、日本列島以外で最大の日系人社会を成す。

1980年代に至り、ブラジルに移り住んだ日本人移住者の子孫達がより有利な労働報酬を求めて日本に還流し始めた。現在日本国内で居住する日系ブラジル人の数は約32万人と推定され、両国民の統合を更に強化している。


鈴鹿市には多くの日系ブラジル人がすんでいます。4千962人(平成19年4月のデータ)が暮らしていますが、言葉の違いや、社会参加の制度など、多くの問題が生じます。現在、日系ブラジル人の就学機会の促進、社会参加のきっかけ作りのための教室運営など、様々なボランティア活動もされてます。
私たちは、その先人の子孫の日系ブラジル人です。縁あって現在、日本に暮らす私たちは、平穏で何不自由ない毎日を送っています。約32万人といわれる、日系ブラジル人を受け入れ、学習や仕事、そして豊かな暮らしを与えてくれる日本。


しかし、その影にはブラジルに移民した先人の、幾度の苦難を乗り越えてきた不屈の精神とたぬまない努力があることを、私たち日系ブラジル人は知っています。先人への感謝無しに、私たちは一日たりとも日本で生活することはできません。日系ブラジル人なら誰でも持っている、言葉では言い尽くせない、この感謝の念。

d0282271_16452584.jpg

[PR]
by crystalkika | 2013-01-11 16:48 | 日々のできごと

故郷の思い出のエピゾードや日々の出来事を紹介します。


by BrKikaJp